· 

愛媛の新品種『ひめの凜(媛育73号)』(31年デビュー)

 

愛媛の新しいお米「媛育73号」

 

「 ひめの凜(りん)が誕生!

2019年秋新登場(愛媛独自育成品種)

 

粒が大きく、華やかな香りや甘さ、それにもちもちとした食感が特徴です。

平成31年産は50haで100t(2kg≪約1,000円≫✖5万袋)、いずれ3~4年に内に1,000haまで広げる目標です。

 

愛媛県から平成31年デビューの新しいお米が誕生します。ひめの凜!

ひめの凜は、温暖化に対応するために育成された高温耐性品種です。

ひめの凜のネーミングは、夏場の暑さにも負けず、精米の透き通るような白さや炊飯米の香りの良さなどから、「凛とした」姿をイメージして命名された。媛育56号と西海245号を交配して育成された。

 

平成29年・30年と全国の生産地から新品種がデビューし、ネーミングは、

 

福井県いちほまれ』、山形県雪若丸』、新潟県新之助 

 

と覚えやすい名称である。 

しかし、愛媛県新品種「媛育73号」の3つの名称候補は、「はなみこと」「ひめの凜」「媛やか」

となっていたが、米産地の名称と比較して消費者はどう感じるだろうか?

少し覚えにくく感じもするが生き残ってほしい。

新品種ラッシュ、最後に生き残れるのはほんのごく僅かでしょう。

 

■彡愛媛県公式HP水稲新品種【媛育73号】の名前投票 専用ホーム

彡愛媛県公式HP…水稲新品種の命名に関する県民投票

彡愛媛県公式HP…「媛育73号」の概要

彡愛媛県公式HP…県民投票案内パンフレット 

彡愛媛県公式HP…2019年産「ひめの凜」認定栽培者募集

 

愛媛県では、これまで戦前で32品種、戦後10品種程度育成されてきました。

愛媛県では、現在までの100年間で約97の奨励品種がありましたが、そのうちの8割にあたる79品種は20年を待たず姿を消しています。

最近では、S60コガネマサリ」、H3ひめのまい」、H7こいごころ」、H14「媛育71号【愛のゆめ】」が誕生しTVCMもあったが、最近ではあまり目にしなくなった。

 

愛媛県での品種の寿命は短い

 

※参考資料:「米品種の変遷と寿命」(愛媛県農林水産研究所)

 


日本農業新聞より引用!
日本農業新聞より引用!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ひつじのHBK (土曜日, 06 4月 2019 06:54)

    「ひめの凛」ではなく、正しくは「〜凜」ですが(よく間違われ易い漢字ですが)。。
    これを機に正しい表現を覚えて戴き、可能であれば訂正お願い致します。

ライスピア米蔵の店内
お米・もち麦の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email : komegura@ricepier.jp

■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

★彡 何かお探しですか?【米蔵】

営業時間

 月~土曜日:AM9:00~PM7:00

定休日:日曜・祝日

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日

定休日は、お米の発送はございません。

~ お盆西条祭り年末年始 他 ~