平成30年問題 減反政策廃止、コメ補助金見直しへ

農林水産省、補助金の抜本的見直しへ着手!

 

 政府は、平成30年(2018年)のコメの 生産調整廃止(減反政策廃止)に向けて、これまでの零細農家を温存してきた制度を改め、大規模な専業農家を中心とする農業構造の実現を目指します。 

 

 

コメの種類には、

①「家庭用米」‥私たちが家庭で食べる一般のお米

②「業務用米」‥スーパー・コンビニのおにぎりや弁当(中食)、飲食店(外食)

③「飼料用米」‥牛や豚など、家畜のエサ

の3つがあります。

 

主食米の需要は、米質・食味から価格まで実に多様です。

コシヒカリは粘りが強すぎ、盛り付けや食器洗いに手間がかかります。汁の多い丼物には硬めでベチャつかないコメが合います。寿司用に軟らかい新米やコシは不向きで、古米や硬質系統が適します。 

① 家庭用米

② 業務用米

③ 飼料用米


 

 

主食用米の生産を減らすような政策

 

 産地交付金は転作を進めるうえで貴重な財源になっており、カットされることは自治体にとっては大ごとである。これがために苦肉の策として主食用米として作付した品種であっても飼料用米に転用すれば助成金を倍増するという対策を打ち出したのだが、問題はそうした対策で本来主食用として供給されるべきコメが減少している問題点が生じている。 

 

飼料用米に新米!

 

 「飼料用米」への安易な転換による主食用米品種の需要操作・価格引き上げ策によって、業務用を中心とする低価格米が不足して、業務用はより価格の安い古米・古古米輸入米をブレンドして使用しています。

 

 一方、これまでの過剰米は「飼料用米」に回り、業務用は古米を使用し、飼料用米の新米は畜産に回っています。人は古米・輸入米を食し、家畜は新米を食すると不思議な国になっています。 近年、お米に対する考えが大きく変化している。

 

 国産飼料用米は、28年度産では48万トンまで拡大し、29年産では60万トン生産をJA全農は目標としている。協同組合日本飼料工業会など業界4団体は、一部の飼料工場で設備投資を行っており、当面の年間使用可能量を120万トン程度の受け入れが可能としている。

(飼料に多く使用される輸入とうもろこしの代替えとして国産飼料用米せいさんの取り組んでいる)

 

■「飼料用米の推進について」(農水省)の資料は、コチラ

■「飼料用米の利用に関するQ&A」(農水省)の資料は、コチラ

■「飼料用米生産拡大で、不足する業務用米」(NHK)

 

 

■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日(日曜日)

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日

 日曜、祝日 (西条祭、お盆・正月他)

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp