2017年

2月

23日

28年産米の食味ランキング|特A(穀検)

 

平成28年産米の食味ランキング(46回目)

 

「特A」ランク44産地品種

 

日本穀物検定協会は、平成28年産米の食味ランキングを発表しました。今回は44道府県141産地品種の試験を行い、44産地品種が「特A」選ばれました。

今回「特A」を初めて獲得した都道府県は、『神奈川県』『岡山県』『高知県』です。今回の特徴として、新規に【特A】となった11の産地品種銘柄のうち8を西日本が占め、検討している点。また、出回り量の多い「コシヒカリ」「ひとめぼれ」が、主産地で格付けを落と結果となっています。

 

日本穀物検定協会平成28年産米の食味試験の実施及び概要」発表!

 

☆彡 産地別表(ランキング)

☆彡 ランク別表(ランキング)

☆彡 参考品種別(ランキング)

☆彡 平成元年からの特Aランク一覧表

 

平成28年産米【特A】に、最近の新しい品種として、

青森県『青天の霹靂(へきれき)』・岩手県『銀河のしずく』『金色(こんじき)の風』・

宮城県『東北210号(だて正夢)』・福井県『あきさやか』・鳥取県『きぬむすめ』・

熊本県『熊本58号(くまさんの輝き)』・神奈川県『はるみ』

が最高ランクの【特A】を獲得しました!

 

日本穀物検定協会では、「米の食味ランキングのランク」を精米袋等に【特A】評価を表示される場合、

「商品そのものの評価ではありません」等と表示をし、消費者に誤解を与えないよう指導しています。

不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)の不当な表示の禁止第四条で問題になる可能性があるからです。つまり、○○県産の品種が【特A】を獲得しても、○県産の全ての地域が【特A】評価ではないということです

 

【問題点】

平成28年産米の食味ランキングでは、昨年に続き「食味の総合評価」結果において基準米よりも劣る(基準米よりやや劣る)」「B´(基準米より劣る)」ランクのお米が、 0点(ない)である。

つまり、基準米より劣る米は1点もないと言うことは、すでに基準米が最低ランクで、基準米より劣る産地・品種はないということになる? 基準米そのものの見直しが必要ではないだろうか?

 


報道特集バンキシャより
報道特集バンキシャより

日本農業新聞より抜粋!
日本農業新聞より抜粋!

日本穀物検定協会 公式ホームページより引用!
日本穀物検定協会 公式ホームページより引用!

 

愛媛「特A」

 

平成26年産の米食味ランキングにおいて、愛媛県産ヒノヒカリが「特A」ランキングなって以来、2度目の「特A」です。

 

平成28年産

愛媛産にこまる

が「特A」に輝きました。

 

 

日本穀物検定協会 公式ホームページより引用!

愛媛新聞 掲載記事抜粋 (2017.3.8)
愛媛新聞 掲載記事抜粋 (2017.3.8)
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日

 日曜、祝日 (西条祭、正月他)

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日

店舗へのアクセス

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp