伊予西條藩

 

 

伊予西條藩

 

 

 西條藩は、慶長5年(1600)関ヶ原の戦の功により伊勢国神戸藩5万石を与えられた大名一柳直盛が、寛永13年(1636年)に1万8千石を加増され6万8600石に入封し西條藩が成立しました。初代藩主直盛は西条へ赴任の途中大阪で病没したため、その遺領は長男直重に西条3万石、二男直家に播磨国小野藩(川之江)2万8600石、三男直頼に伊予国小松藩(小松)1万石として分知されました。

 

 一柳氏は河野氏の支流といわれる外様大名で、直重の所領は宇摩・新居・周布の三郡に及びました。直重は入封すると西条平野北部に陣屋を築き、その東西に武家屋敷を配しました。また東の武家屋敷の東隣りに町人町を興して陣屋町を開きました。西條藩の基礎を築いた直重のあとは長男直興が継いだが、弟直照が土居町八日市に5000石で分家したため、直興が相続した家督は2万5000石でした。しかし直興は寛文5年(1665年)、幕府より参勤遅参・領内仕置の不都合などの理由で改易され、領地は一時幕府領(天領)となりました。 

 その後5年の空白を経て、寛文10年(1670年)に紀伊国紀州藩(和歌山)初代藩主徳川頼宣の3男松平頼純が紀州藩の支藩として新たに西條三万石に封ぜられ、紀州徳川家(紀州藩主)が絶えた場合に備えました。第2代頼致は紀州藩主徳川吉宗が将軍となったため紀州徳川家・紀州藩主を継ぎました。松平家は参勤交代を行わない定府の大名でした。 

 以後、10代頼英まで続いた西條藩は連枝として特別待遇され、また和歌山藩との交流も密接でした。藩主は江戸定府で参勤交代はなかったが、頼純のほか2代頼致、3代頼渡、9代頼学、10代頼英が西條に入封しています。

 

※西條藩(さいじょうはん)は、江戸時代の藩。伊予国新居郡西條(現在の愛媛県西条市)周辺を領しました。藩庁は西條陣屋。当初は外様藩であったが、徳川御三家の一つ紀州徳川家(紀州藩)の支藩となりました。

 

http://castle.slowstandard.com/60shikoku/63ehime/post_395.html

 

「伊予西條藩の初代藩主」

 

 松平 頼純(まつだいら よりずみ)は、伊予西條藩の初代藩主。紀州藩主・徳川頼宣の三男。初代将軍・徳川家康は祖父。兄は徳川光貞。徳川吉宗の叔父徳川家光や徳川光圀の従弟にあたる。正保2年(1645年)に将軍家光に御目見する。承応3年(1654年)に従四位少将左京大夫に叙される。寛文10年(1670年)、伊予西条3万石を与えられ大名に列する。正徳元年(1711年)、死去した。享年71(満70歳没)。家督は五男・頼致が継いだ。

 

※伊予西條藩2代藩主 松平頼致は、享保元年 紀州藩5代藩主 徳川頼方が、徳川8代将軍 吉宗となった後、紀州藩6代藩主 徳川宗直となり、伊予西条藩5代藩主 松平頼淳も安永4年 紀州藩本家を継いで9代藩主 徳川治貞となり、更には、伊予西条藩10代藩主 松平頼英の弟、頼久も紀州藩14代藩主 徳川茂承となったほか、紀州藩からは、7代藩主 徳川宗将の二男頼謙が、伊予西条藩6代藩主となるなど、宗家、分家として格別深い間柄でありました。

 



■  トップページ 商品一覧&ご購入 会社概要 お問い合わせ   米蔵のブログ ページのTOPへ  

      〒793-0035  愛媛県西条市福武甲1176番地   ∥ (国道11号線沿い) ∥    電話. 0897-55-2344

■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日(日曜日)

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日

 日曜、祝日 (西条祭、お盆・正月他)

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp