2015年

9月

20日

平成27年産米 価格上昇!(JA概算金上昇)

平成27年産は、7月下旬から8月上旬(お盆頃)にかけては全国的に高温・多照傾向で真夏日が続き、作柄は「平年並」発表でしたが、盆明け過ぎから“雲行き”が変わり低温・日照不足・豪雨と「顕著な気象条件の変化」が生じ様変わりし、関東・北陸・中部・東北は記録的な低温・日照不足は鮮明で、西日本は昨年に続き2年連続の冷夏(6~8月)となっています。

 

※気象庁は、エルニーニョ現象の発生によってフィリピン付近の海面水温が下がり、積乱雲の発生が弱くなったことから偏西風が南偏した結果、「太平洋高気圧の西日本への張り出しが弱かった」と分析しています。

 

お米にとって一番大切なこの8・9月の日照不足の影響は、登熟が緩慢となり登熟不良の小粒化で減収の懸念が出ています。また、台風18号の影響も含めカメムシの発生、冠水・倒伏が胴割れ、穂発芽による品質低下の危険性が出てきました。

 

平成27年産米は、登熟不良型のコメ作柄予想!

 

また、全農(JA)発表では、コメ概算金(JAがコメ農家に支払う一時金 ※下記新聞記事参照)は「主要20県が800~1500円アップと引き上げとなりました。

その根拠として、

 

飼料用米など51万トンの需給の改善がなされ、生産数量目標を下回る見通しとなった。

※27年産米は、飼料用米への振り替えが進み、主食用米の生産が8000㌶下回ったことで、

米価上昇となる。

②収穫前契約が一定程度積み上がった。

③早場米は特に九州の作柄が悪く、出荷数量の8割前後である。

 

以上3点を挙げています。

 

平成27年産米不作、3年ぶりの値上がり!

 

愛媛新聞 掲載記事より
愛媛新聞 掲載記事より
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日

 日曜、祝日 (西条祭、正月他)

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

店舗へのアクセス

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp