2015年

6月

12日

脳は主語が理解できない! (脳科学)


脳は主語を理解できない」と言う性質


【脳科学】


脳と言うのは、主語が誰であるかと言う部分に関しては理解できない性質があるので、自分が発した言葉すべてを自分のことしてとらえてしまうそうです。


ここで言う「脳」は、「古い脳」を指しています。

人間は二つの脳を持っているそうです。

大脳新皮質(理性・知性の脳)を「新しい脳」、それ以外を「古い脳」と呼ぶそうです。


「古い脳」は、性欲・食欲・名誉欲と言った本能で、生きるために無くてはならない脳です。

一方、「新しい脳」は、小学校にいる頃から急速に発達します。倫理・情報・文化・芸術などで、人間らしく生きるためには、この新しい脳の発達が必要となります。


人間特有の高度な精神活動を担当する「新しい脳」のほうは主語を認識できているのですが、感情を司る「古い脳」のほうは認識できず、新しい脳から送られてくる情報をすべて鵜呑みにしてしまい性質があるそうです。


だから、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になるそうです。


つまり、相手の悪口を言うと、自分自身に悪口を言っていると判断し、自分も傷つき気分が悪くなるそうです。


人の悪口ばかりを言う人が、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためなんだそうです。

そして、より、人に対して攻撃的になります。

(自分が自分を無意識に攻撃している状態となるわけですから逃げようがありませんネ。)


「良い言葉、誉め言葉」であっても、「悪い言葉、悪口」であっても、誰か他の人に向かって言った言葉はすべて自分に帰ってきているのです。



悪口は、他人を傷つけるつもりが、実は自分も傷ついています。


褒め言葉は、他人を褒めるつもりが、実は自分も褒められたようないい気分になります。


■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日

 日曜、祝日 (西条祭、正月他)

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

店舗へのアクセス

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp