2013年

7月

20日

今年は猛暑か冷夏か、どっち?

この夏 猛暑一転、低温多雨傾向へ

 

【気象庁】 全国1カ月予報 (7月19日発表)

 

気象庁から発表された、向こう1か月間の天候予報(7月20日~8月19日)によると、北日本と東日本で気温が低くなる確率が40%から50と高く、猛暑から一転して、曇りや雨の日が続き、気温も低めに推移する見込みです。

とくに、オホーツク海高気圧の影響を受ける、北海道のオホーツク海側と東北地方の太平洋側では、気温が平年より低くなる確率が50となっています。オホーツク海高気圧は冷たく湿った風をもたらすため、東北では昔から「やませ(山背)」といって、冷夏の元凶として恐れられています。

気象庁は、東北地方の太平洋側に「異常天候早期警戒情報」を発表し、農作物の管理等に注意するよう呼びかけた。

 

「太平洋高気圧が後退し、低温多雨か」

この時期は例年ならば、梅雨が明けて、夏の高気圧が日本列島をすっぽりと覆うときで、最も夏らしい天気になるときです。ただ、今年はご承知のとおり、7月上旬に早々と梅雨があけ、直後に猛烈な暑さがやってきました。一方で、北陸や東北地方はまだ、梅雨の中です。

夏の天候を考えるとき、最も重要なのは「太平洋高気圧(夏の高気圧)」です。この高気圧の強さが日本の夏を決めているといっても過言ではありません。長期的な予想はまず、太平洋高気圧の強弱を見るのですが、今後は太平洋高気圧が弱まりながら、沖縄付近に後退する予想になりました。一方で、本州付近は上空の寒気やオホーツク海高気圧の影響で、雨が降りやすくなり、不順な天気になることも考えています。

 

10年冷夏説」は? 太平洋側の「やませ」には注意して下さい!

 

 

■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日

 日曜、祝日 (西条祭、正月他)

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

店舗へのアクセス

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp