伊豫西条藩(3万石)

旧西条藩陣屋跡(市指定史跡)
旧西条藩陣屋跡(市指定史跡)

西条藩の起源は、寛永13年(1636年)に戦国武将伊予河野氏に縁のあるとされた伊勢国神戸の一柳直盛(ひとつやなぎなおもり)が伊勢神戸から伊予西条6万8千石に封ぜられた時にさかのぼる。ところが、直盛が西条に赴く途次、大坂(当時)で病没し、長子、直重が父の遺領のうち3万石を引き継ぎ西条藩初代藩主となった。二男直家が伊予のうち2万3千石と父の領地と別にすでにもっていた播磨加東郡の分領5千石[川之江藩]、三男の直頼は隣の小松藩で1万石を継いだ)直重は陣屋町を建設するが、その子直興の代には早くも改易の憂き目に遭い、一柳氏の治政は30年間で終わり一旦幕領になった。

 

その後、寛文10年(1670年)、紀州徳川藩主の次男である松平頼純(徳川家康の孫)が新たに西条3万石に封ぜられ、以後明治にいたるまで10代、200年にわたる松平氏の治世が続いた。

明治4年(1871)、廃藩置県で西条藩は西条県となり、その後松山県、石鎚県を経て、愛媛県に編入された。

◆一柳家 伊勢神戸より3万石 外様 陣屋

◆松平(紀伊)家 3万石 親藩 大広間 陣屋


現在陣屋跡は、西条高等学校となっているが、校門となっている大手門、門脇の堤、前濠の石垣、お矢来、濠等に昔の面影が偲ばれる。    

陣屋とは3万石以下の城を持たない小藩藩主の政庁兼居所である。西条の陣屋のある辺りの地名を明屋敷と言う。これは、一柳氏の改易で一時幕府領になったために、藩主不在という意味で付けられた地名である。小松町には新屋敷という地名があるが、これは新しく藩が成立したことによると思われる。

■  トップページ 商品一覧&ご購入 会社概要 お問い合わせ   米蔵のブログ ページのTOPへ  

      793-0035  愛媛県西条市福武甲1176番地   ∥ (国道11号線沿い) ∥    電話. 0897-55-2344

■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日

 日曜、祝日 (西条祭、正月他)

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

店舗へのアクセス

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp