お米の虫に注意!

   コクゾウムシ・メイガ等



 

お米に発生する虫は、主に 穀象虫 と メイガ です。

 

穀象虫(コクゾウムシ)は、

黒く体長2.1~3.5㎜、象のように長く伸びた口吻(こうふん)が特徴で、気温が20℃以上になると活発に繁殖します。穀象虫は、なんと米粒に穴を開け、中に卵を生みつけます。数日で孵化して幼虫は、お米の中を少しづつ食べながら大きくなります。やがて成虫となり、卵の殻を破って生まれてくるヒヨコのように、米粒の中から出てきます。そして、お米を食い散らし、また卵を生みます。

 

家庭においては、購入したお米は早めに消費することや、密閉容器に入れ温度の低い所で保管する事が大切です。

※ 産卵から成虫の出現まで約1ヶ月間かかる。穀象虫は、お米の中に卵を産みます。

 

コクゾウムシは低温に弱く、15℃以下では発育、増殖ができません。また、マイナス20の温度で7~10日おけば、成虫も幼虫も卵も死んでしまいます。お米を冷凍するとコクゾウムシは死にますが、食べる時はコクゾウムシ成虫を分けないといけないですし、米粒の中の卵やふ化した幼虫までは分別できません。

人によっては虫を食べることでアレルギーを起こすこともあるようですから、コクゾウムシなど貯穀害虫が発生したお米は食べないことをお勧めします。

※【加害する食品】 米、麦、トウモロコシ、パスタ、乾燥芋、乾麺等

  

ノシメマダラメイガは、

私たちの身の回りどこにでもいて、常に穀類や粉を探して飛び回っている体長7~8㎜の蛾です。幼虫が、お米のヌカ層や胚芽部に卵を生みます。生まれた幼虫は、黄白色に近い色をして、小さいイモ虫の形態をしています。ヌカなどを好んで食べて成長し、やがて白い糸を出し蛹(さなぎ)になります。このときの白い糸がお米の粒をくっつけてしまいます。やがて羽化して蛾となって飛んでいきます。夜になるとそこらじゅうで飛び回ります。ヌカや小麦粉などの穀粉の匂いを嗅ぎつけて、卵を生みに来ます。

 

購入時のお米の袋など食い破って中に入り込んでしまうこともあります。幼虫は、穀類や粉を食べながら数週間から1カ月半で成虫になり、また、産卵することを繰り返します。購入した袋のままでの保管がいけない理由が、ここにあります。必ず密閉できる容器に入れ、定期的にヌカ等を掃除することが肝心です。

この虫は、油脂分の含まれた食品を好むので、クッキー、チョコレートなどの各種菓子類やインスタント ラーメン、七味唐辛子など、家庭で保存されることの多い食品でも発生するので、近年は家庭害虫としても要注意種となっています。知らないうちに、それらを餌に屋内で増え、その後お米の保存容器に移動してくるケースも十分考えられます。発生源となるこれらの食品もしっかり密封し、屑にも気をつけ、屋内及び米保管容器の清潔を保つことが必要です。また、この虫の幼虫はビニールくらい簡単に食い破る能力があるので、ビニールに密封しただけでは完璧とはいえません。

※ メイガは、お米の外側、周りに卵を産みます。

※【加害する食品】 穀類、小麦粉などの穀粉、油分の多い乾燥加工品

 

 

害虫全般にいえることですが、虫は、気温が20℃を超えると発生しはじめ、 25℃を超えると動きが活発になってきます。気温・湿度が上がってくるとお米も傷みやすくなり、 匂いを発生しはじめます。人間には感じなくても害虫は、匂いにつられてやってきます。 気温・湿度が高くなり始める時期には、特にお米の管理に気をつけましょう。

お米に付く虫は、玄米と白米で条件を同じにすると、増殖しやすいのは「玄米」です。お米の害虫の多くは、玄米の糠の部分を好みます。それは、糠の部分のほうが、栄養成分が比較的多いからです。ただし、コクゾウムシのように白米部分を好み繁殖する虫もいますから、一概にはいえません。   

 

コクゾウムシやノシメマダラメイガが発生するお米は、殺虫剤などの残留物が存在しない証明にもなるので健全であり、人体に悪い影響を与えることはありません。昔ならそれほど過敏になることもなかったので、虫やごみは洗い流していました。しかし、お米に虫がわいている状態は気分的に問題があります。

万が一、虫が発生してしまったら捨ててしまうのではなく、風通しのよい明るい場所で新聞紙を広げて、その上にお米を出します。直射日光が当たる場所だとお米が傷んでしまうので、明るく涼しい場所にお米をさらし、虫が逃げるまで放置しましょう。

 

【貯穀害虫・天敵図鑑】 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構より

【防除方法・殺虫方法】 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構より

 

家庭においては、長期保管を避け購入したお米は早めに(冬場で約1カ月、夏場で約2週間)消費することや、密閉容器に入れ温度の低い所(冷蔵庫の野菜室や、風通しが良く涼しい場所)で保管する事が大切です。また、次のお米を足す前に保存容器を隅々まできれいに掃除しましょう。お米の虫は15℃以下になると活動が鈍り、増殖することができなくなります。

 

台所は、火や水を扱うため高温多湿になりがちです。冷蔵庫の近くは熱が発生し、シンクの下は湿気がひどいです。台所に米びつを置くと、夏場は一気に虫がわきます。唐辛子など虫除け効果がある食品を米びつに入れてもよいのですが、高温多湿の場所ではその手の対策も無駄に終わります。

ただし、冷蔵庫での保管も注意が必要です。冷蔵庫からの出し入れは、可能な限り素早く行いましょう。容器の内外で長時間温度差が生じると結露が出て、かびの原因になります。

 

■ おすすめ保存方法


■  トップページ 商品一覧&ご購入 会社概要 お問い合わせ   米蔵のブログ ページのTOPへ  

      793-0035  愛媛県西条市福武甲1176番地   ∥ (国道11号線沿い) ∥    電話. 0897-55-2344

■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■
■ ライスピア米蔵の 【ブログ】 です!■

営業時間

 月~土曜 AM9:00~PM7:00

定休日

 日曜、祝日 (西条祭、正月他)

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日

店舗へのアクセス

ライスピア米蔵の店内
お米・雑穀の専門店 ライスピア米蔵

〒793-0035

愛媛県西条市福武甲1176番地

電話.(0897)55-2344

FAX.(0897)53-1748

Email:komegura@ricepier.jp